>> | Hammond Music Top |
 

オルガンジャズ ジャズファンク ソウルジャズ

Brother Jack McDuff

 
Google
Web www.amazon.co.jp
関連作品
The Honeydripper


The Honeydripper
ブルーノートがジミー・スミスならプレステージの切り札はこのジャック・マグダフだった(はず・・?)。そしてコテコテオルガンといえばやっぱりこのマグダフを筆頭に挙げなければいけないでしょう。ここではまだデビューして間もないグラント・グリーンをしたがえての怒涛の漆黒コテコテサウンドを披露しております。後にはジョーージ・ベンソンがマグダフグループのギタリストになりますが、ここでのグリーンのギターもかなりいい感じです。

Hot Barbeque


ホット・バーベキュー
コテコテ男ジャック・マグダフ、1965年の作品。歴代マグダフ・グループとして最強との呼び名が高いこの時期のカルテット。メンバーはオルガンのMcDuffにGrorge Benson(g)、Red Holloway(ts)、Joe Dukes(dr)。濃い〜メンツを従えてのマグダフは、ここでもソウルフル&コテコテなオルガンを炸裂させております。中でも1曲目「Hot Barbeque」はその掛け声もいさましい傑作・・各インストゥルメントのソロもすばらしい出来。マグダフのオルガンは、ジミー・スミスのような華やかで派手な印象はないが、ワンフレーズに込められたソウル&しつこさ(笑)は天下一品。

Brother Jack McDuff & David Newman
Double Barrelled Soul


Double Barrelled Soul
これはジャケもタイトルも・・そしてもちろん内容もソウルフル&ファンキーな作品です。タイトルとジャケからイメージすれば、真っ黒い弾丸を2発、2連装式ライフルに詰め込んで一発ぶっ放せ・・みたいなもんかな。まさにブラック&ソウルフルなマグダフ&ニューマンの世界が怒涛のごとく展開されております。特にニューマン作の4曲目「Duffin' Round」におけるマグダフのプレイはもう凄すぎ。私がいままで聴いた彼のオルガンの中では間違いなく最高級のプレイだと思います。メッチャかっこいいですよこれは。それとサウンドで面白いのがD・ニューマンのフルート。これがあることで単なるコテコテで終わっていない・・・全体的に実に心地よいグルーヴ感が満ちているんですよ。とにかくこりゃまた定番が増えてしまいました。大推薦盤です。

Natural Thing
60年代後半、この頃マグダフはカデットに数枚のアルバムを残しているようですが、これは1968年の作品。かなり派手目のホーンアレンジが気になるとこもあるけれど、元気のいいマグダフのオルガンはここでも存在感抜群。そしてもうひとつの聴きものがフィル・アップチャーチの硬質ながら味のあるギター。バッキングにリードにいいプレイを聴けます。曲ではフルートのメロディが軽妙な「Funky Guru」、そしてマグダフらしいドライブ感のあるソロプレイが素晴らしいタイトル曲がいいです。

Down Home Style


Down Home Style
数少ないマグダフのブルーノート作品の一枚。メンフィスで録音されたこのアルバム、いきのいいホーンセクションとマグダフの執拗に押しまくるソロプレイがめちゃくちゃ決まってるアルバムです。曲でいえばスモーキーな「Menphis in June」も聴かせますが、「Butter(For Your Popcorn)」のかっこよさが抜群です。それとアッパーなアレンジの「Groovin'」も面白いです。特に名の通ったミュージシャンは参加していないようですが、非常に音のまとまりの良いところがブルーノートらしさを感じさせてくれます。

Brother Jack McDuff 関連作品