>> | Chuck Rainey Top | 01 | 02 | 03 | 04 | 05 | 06 | 07 | 08 |
 
 
Google
Web www.amazon.co.jp
 
関連作品
James Brown
Hell
James Brown / Hell

Hell
1974年のジェームス・ブラウン2枚組大作。これはなかなかの傑作アルバムだと思いますよ。ゴリゴリと押しまくるファンクナンバーだけでなく、実にクールでグルーヴィーなナンバーまで、音楽的にもとても奥の深いアルバムだと思います。チャック・レイニーさんは「Lost Someone」という曲でベースを弾いておりますが、これがまたハービー・メイソン(Dr)、そしてJBの弾くオルガンがすんばらしくおしゃれに聞こえる傑作です。他にも多くの名うてのミュージシャンがずらりと参加してますよ。

Afrique
Soul Makossa
Afrique / Soul Makossa
Soul Makossa
このアルバムではチャック・レイニー、そしてデヴィド・T・ウォーカーの二人が大暴れしております。グイグイと押しまくるようなレイニーのベースに、ワウワウを効果的に(というかガンガンに)かけまくったデヴィドTのギターが吼えまくります。アフロ・ファンクなサウンドと一言で片付けてしまうには、ちょっと抵抗したくなるようなクールなところもあり、かなり聴き応えのある作品だと思います。オルガンにはソウル・プロフェッサー、C・Kynardも参加しております。ファンキーなサウンドが好きな人にはおすすめです。

Jimmy Witherspoon
Spoonful
Jimmy Witherspoon / Spoonful

Spoonful
これは最高です。何がって・・そりゃもう「すべて」としか言いようがないです。熱いウィザースプーンのヴォーカル、そして若干20才そこそこながら、とんでもなくブルースしてるロベン・フォード、全曲で存在感をアピールするチャック・レイニー、タ・チーチーチーも連発のプリティ・パーディー、絶妙にバックを付けるコーネル・デュプリー、リチャード・ティー、ジョー・サンプル・・・他にもジャズ界からも多くのミュージシャンが参加。「ブルース・アルバム」と一言で片付けてしまえばそれまでだが、とんでもなく中身の濃いアルバムです。そしてここに収められてる「Spoonful」。この曲はいろんな人がやってますが、こんなかっこいいのは聴いたことありません。しびれますよ。

The Crusaders
1
The Crusaders / 1
The Crusaders 1
1972年、グループ名からジャズをとり、The Crusadersとして発表したアルバム。オリジナル・メンバーに加えラリー・カールトン、アーサー・アダムス、デヴィッドT・ウォーカー、そしてチャック・レイニーが参加しています。色々と聴きどころが多いアルバムですが、やっぱり「Georgia CottonFfield」のジョー・サンプルの弾きまくりは迫力あります。こういったファンキーなサウンドにはチャック・レイニーのベースは必需品の様ですね。またラリー・カールトンはアルバムのほとんどのソロを弾いており、かなりのテクニシャンぶりを発揮しています。

Labelle
Moon Shadow
Labelle / Moon Shadow

Moon Shadow
Labelle、1972年発表の作品。全9曲中、Nona Hendryxの曲が6曲、Sara Dashの曲が1曲、残り2曲がカバー作品。メロウでポップなナンバーから、やたらに元気のいいザ・フーの「Won't Get Fooled Again」のカバーまで、何とも明るくて陽気な雰囲気のアルバムです。リーダー格のパティ・ラベルは、私の好きなローラ・ニーロとは親友だったと聞きます。前年の1971年には「Gonna Take A Miracle」というローラのアルバムで、息の合ったすばらしい歌を聞かせてくれます。チャック・レイニーは5曲にクレジットされていますが、前出の「Won't Get Fooled Again」では、本家ジョン・エントウィッスルに負けじと怒涛のベースプレイを聴かせてくれます。迫力あるなぁ。


Phil Upchurch
Darkness,Darknes
Phil Upchurch / Darkness,Darknes

ダークネス・ダークネス
フィル・アップチャーチ、1971年のアルバム。アナログでは2枚組という大作で、これでもかと言うくらいアップチャーチのグリグリギターサウンドを聴くことができます。この人のギタープレイはピッキングのニュアンスがとっても直接的で、突き刺すような刺激的なものですね。ギターの音色の方もすばらしくホットでクリアー、こういう音ってエレクトリックではあっても、まだ”生”の感触が残っているような感じがして、妙にグサっときてしまいます。チャック・レイニーはほとんどの曲に参加しており、こちらもアップチャーチのギターに負けず劣らず刺激的なプレイを連発してます。他、ジョー・サンプル、ダニー・ハサウェイ、ベン・シドラン、ニック・デカロなども参加。

back --- top --- next